町長からのメッセージ【令和3年8月5日】

公開日 2021年08月05日

更新日 2021年08月05日

 8月2日から、千葉県でも緊急事態宣言が発令され、県内全域を対象に、「不要不急の外出自粛要請」や「飲食店等における酒類の提供停止要請」など、感染症対策の更なる強化が図られることとなりました。

 感染力が強いデルタ株による新規感染者が、これまでにない急激なスピードで拡大しており、療養者や入院患者の増加により、医療提供体制の確保に大きな影響を与えています。

 新型コロナウイルス感染の収束に向けて期待されているワクチン接種ですが、現在、多古町では、65歳以上の約90パーセントの方々が2回接種を済ませており、感染や重症化が抑えられています。

 また、今週から16歳以上の方の予約を受け付けており、来週8月10日からは、12歳以上の方の予約を開始する予定です。

 20歳代から40歳代の感染者が増加していますが、今後、若い世代の方々の接種が進むことで、感染拡大の抑制に繋がっていくものと期待しています。皆様には、この状況を鑑み、積極的なワクチン接種へのご理解とこれまで以上に感染防止対策を徹底していただくことをお願いします。

 第5波による感染拡大に歯止めをかけるためにも、改めて、自分自身の命と家族の命、大切な人の命を守るため、ひとり一人の適切な行動と私たち町民全体の意識を共有することが重要であります。

 今後も引き続き、多古町新型コロナウイルス感染症対策本部長である私を先頭に、全職員一丸となって、ワクチン接種事業を始め、感染拡大防止対策に努めてまいります。

 町民の皆様には、緊急事態宣言の意味を十分ご理解いただき、不要不急の外出を控えていただくとともに、引き続き冷静なご対応と、感染症リスクを高める「換気の悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」、「間近での会話や発話する密接場面」の、『3つの密』を避ける行動、手洗いの励行、咳エチケットの徹底など、感染症予防に努めていただくよう強くお願いいたします。

 

 

令和3年8月5日

多古町長 所   一 重