【展示中】幻の軽便鉄道展

公開日 2021年06月10日

更新日 2021年06月10日

幻の軽便鉄道展

明治末から昭和初めにかけて小さな鉄道(軽便鉄道)が存在しました。成田から三里塚、多古へと鉄道路線(多古線)があり、また三里塚から分岐して八街へと続きました(八街支線)。その後、国鉄と同じ線路幅で、多古から八日市場まで鉄道路線が延長されました。

今展では、写真・説明文・ジオラマ・車両模型・枕木の実物等を展示しています。かつて鉄道が走っていた多古町の歴史の一端を垣間見ることができます。

ぜひご覧ください。

「幻の軽便鉄道」チラシ[PDF:379KB]

展示場所

多古町コミュニティプラザ1階 展示ホール(プラザ入口付近)

展示期間

開催中 ~ 6月20日(日)午後5時まで

※月曜・祝日休館

主催

軽便鉄道を考える会

共催

多古町教育委員会

お問い合わせ

生涯学習課
住所:〒289-2241 千葉県香取郡多古町多古2855
TEL:0479-76-7811
FAX:0479-76-7813

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード