子育て支援事業

公開日 2017年12月20日

更新日 2019年12月02日

高校生等医療費助成制度

平成30年4月1日診療分から、自己負担金が無くなりました!

 この制度は、高校生等が医療機関(整骨院等を含む)に通院または入院した場合や、保険薬局で薬を受け取った場合に、保険診療の範囲内で医療費の一部負担金(総医療費の3割)を助成する制度です。

助成内容

助成対象 ・・・助成区分・・・ ・・自己負担金・・

多古町に住民登録がある

高校生等

入院・通院・調剤 0円

※就学の為に住所を移している方は多古町に住民登録があるものとみなします。

※高校生等とは、15歳に達した日以後の最初の4月1日から18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあり、かつ、健康保険の被扶養者である方のことです。ただし、高等学校等に就学していない方や保護者の扶養から外れた方、婚姻した方は除きます。

※平成30年4月1日以前の診療分(調剤を除く)には、自己負担金が発生(市町村民税非課税または均等割のみ課税世帯を除く)します。

次の医療費は、助成の対象となりません。

  • 健康保険が適用されない医療費(健康診断・予防接種・薬の容器代・差額ベッド代など)
  • 加入している健康保険等から支給される高額療養費、付加給付金該当部分
  • 交通事故等、第三者行為による場合
  • 学校管理下における災害で、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付を受けることができる場合

助成方法:償還払い

医療機関で保険診療に係る医療費のうち一部負担金(総医療費の3割)を支払った後、後日子育て支援課に申請することで、一部負担金を助成します。

資格登録の申請方法

高校生等医療費助成受給資格登録申請書を記入し、必要書類を添付して子育て支援課に申請してください。郵送で申請される場合は、記入漏れや不足等のないようお願いいたします。

※初回の助成金交付申請時に併せて申請してください。

申請に必要なもの

保護者(申請者及びその配偶者)が申請する場合

1 高校生等医療費助成受給資格登録申請書[PDF:67.4KB]
2 高校生等の健康保険証の写し
3 学生証の写しまたは在籍証明書等
4 認印(シャチハタ・ゴム印不可)
5 保護者(申請者又は配偶者)名義の預金通帳の写し
6 保護者(申請者及びその配偶者)の身元確認書類【注1】
7 保護者(申請者及びその配偶者)の個人番号確認書類【注2】

※申請年の1月1日(ただし、1月から7月までの申請の場合は申請の前年)に、保護者(申請者及びその配偶者)が多古町に住民登録があり、高校生等医療費助成登録申請書の「同意書」欄の内容に同意している方は、6、7は不要です。

○高校生等医療費助成受給資格登録申請書の「同意書」欄の内容に同意しない(署名しない)場合は、1~5に加え、次の書類が必要になります。

・保護者(申請者及びその配偶者)の市町村民税課税・非課税証明書等(市町村民税額・所得金額・控除額・扶養親族の数の記載があるもの)※

※申請年度(ただし、4月から7月までの申請の場合は申請の前年度)の市町村民税課税・非課税証明書等が必要になります。

代理の方が申請する場合

「保護者(申請者)が申請する場合」に記載されている必要書類のほか、以下の書類が必要です。

・代理の方(窓口に来た人)の身元確認書類【注1】
代理権の確認書類(委任状)[PDF:77.8KB]

【注1】身元確認書類

1種類お持ち下さい ○公的機関発行の顔写真つき身分証明書
マイナンバー(個人番号)カード、運転免許証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳等
2種類お持ち下さい ○顔写真無し身分証明書
各種健康保険被保険証(健康保険被保険者証、船員保険被保険車掌、共済組合員証、国民健康保険被保険者証)、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書等

【注2】個人番号確認書類

1種類お持ち下さい
  • マイナンバー(個人番号)カード
  • 通知カード
  • 個人番号が記載された住民票の写し
  • 住民記載事項証明書

償還払いの申請方法

医療機関にて保険診療に係る医療費のうち一部負担金(総医療費の3割)を一旦支払い、後日子育て支援課に申請することで、一部負担金を助成します。健康保険組合等から高額療養費や付加給付が支給される場合は、それらを受給してから申請してください。郵送で申請される場合は、記入漏れや不足等のないようお願いいたします。

※確定申告で医療費控除を受けた後の医療費は助成の対象となりません。

※申請期限は医療費を支払った日の翌日から2年以内となりますので、お早めにご申請ください。

申請に必要なもの

高校生等医療費助成 Q&A

Q1.高校生等の対象となる範囲は?

A.高等学校(通信制・定時制を含む)や専門学校、特別支援学校(高等部)などに通う生徒が対象になります。
  ただし、学生証もしくは在籍証明書等が発行されない場合は対象となりません。

Q2.登録申請前にかかった医療費は対象になる?

A.高校生相当年齢であって、高等学校等に在学中に受診した医療費については全て対象になります。
  ただし、受診から2年を経過したものについては対象外となりますので、ご注意ください。
 (例:H30.4.1受診→R2.4.1までの申請で対象、R2.4.2以降の申請で対象外)

Q3.中学生までの「子ども医療費」との違いは?

A.高校生等医療費は受給券が発行されず、医療機関の窓口で助成されません。
  また、対象者が子ども医療費より限定されています。

※その他ご不明な点は、多古町役場子育て支援課こども係にお問い合わせください。

提出・問い合わせ先

子育て支援課こども係(TEL 0479-76-5412)

子育て応援!チーパス事業

「チーパス」とは?

「子育て応援!チーパス事業」は平成24年7月より開始された事業です。
子育て家庭優待カード(チーパス)を協賛店舗等(チーパスの店)にて提示すると、各チーパスの店で決めた様々な子育て応援サービスを受けることができます。

平成30年4月から「チーパス」のカードが変わります!

平成30年3月時点で各学校、こども園には配布済みです。
県外から転入してきた、子供を出産して対象者になった等で
新しいカードをお持ちでない場合は下記配布場所で申請して下さい。

使用期限:平成30年4月1日から令和3年3月31日まで

対象者

妊婦又は中学生以下の児童1名以上がいる千葉県内の世帯
※カード裏面に使用資格者の氏名を必ず記入してください

チーパス配布場所

●こども園、小・中学校に通っている児童のいる家庭
 各施設を通じて配布しました。
●上記以外の家庭
 子育て支援課又は保健福祉課の窓口にて配布しています。(転入時や母子手帳発行時等にお渡ししています。)

チーパスの店情報

詳しくは専用ホームページ「子育て応援!チーパスねっと」をご確認ください。

スマホ用ページはこちら
 子育て応援!チーパスねっとQRコード

問い合わせ先

子育て支援課こども係(TEL 0479-76-5412)

ちばMyStyleDiary

ちばMyStyleDiary

「ちばMyStyleDiary」とは?

結婚、妊娠・出産、育児のライフステージにある皆さんを応援する、スマートフォンアプリです。
平成27年10月から千葉県内の各情報を配信しています。ダウンロードは下記QRコードからどうぞ。

ダウンロード先

http://goo.gl/kxLuy7

※ 対象地域 県内全市町村

http://goo.gl/kxLuy7

問い合わせ先

子育て支援課こども係(TEL 0479-76-5412)

移動式赤ちゃん休憩室

町内で開催されるイベントに、乳幼児を連れたご家族が安心して参加できるように、テントや折りたたみ式おむつ交換台等を「移動式赤ちゃん休憩室」として無料で貸出しますのでご利用ください。

    

貸出の対象

1.町内でイベントを主催する団体

2.乳幼児を連れた保護者が参加できるイベント

3.特定の政治、思想又は宗教の活動を目的としない団体及びイベント

4.法令又は公序良俗に反しない団体及びイベント

貸出の期間

イベント等の実施期間(最長7日)

貸出品(各1点)

テント一式・おむつ交換台・折りたたみ椅子

利用の流れ

1.申し込み

多古町移動式赤ちゃん休憩室貸出申請書[PDF:55.3KB]をイベントの内容が分かる資料を添えて、子育て支援課へ提出。

受付は、貸出しを受けようとする日の7日前までです。

2.申請者へ通知

審査の上、貸出しの可否を決定し申請者に通知します。

3.借受け及び返却

申請者は、子育て支援課において「移動式赤ちゃん休憩室」を借受け、また、返却ください。

(汚れはふき取り、破損や紛失について確認のうえ返却。)

問い合わせ先

子育て支援課こども係(TEL 0479-76-5412)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード