多古町多古町トップへ戻る

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字サイズ
→ サイトマップ
多古町
多古町について暮らしのガイド各課の仕事観光情報リンク
多古町観光情報歴史探訪常磐地区>勝栄山能満寺

歴史探訪/常磐地区

勝栄山能満寺

勝栄山能満寺

村人たちによる建立の鐘楼門

勝栄山能満寺は、釈迦牟尼仏を本尊にまつる日蓮宗の寺院です。安房賀茂村の日運寺と同山一寺で、賀茂村に日運寺を開いた勝栄院日運が後年隠居所として、松崎の地に建てたと伝えられています。延宝8年(1680)に日運寺から独立し、能満寺となりました。石段上にそびえる鐘楼門は、天保9年(1838)に村人たちによって建立されたものです。

過去帳によれば、日運は安房里見一門の筆頭正木大膳、すなわち上総大多喜城主である正木久太郎時茂のこと。時茂は日明上人に師事し剃髪し、日運と号したそうです。能満寺境内には、日運・日明の碑もあります。

アクセス

所在地

千葉県香取郡多古町東松崎1957

自動車をご利用の方

電車・バスをご利用の方

多古市街地まで

多古市街地から勝栄山能満寺へ


All Rights Reserved,Copyrights©2012.TAKO Town