多古町多古町トップへ戻る

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字サイズ
→ サイトマップ
多古町
多古町について暮らしのガイド各課の仕事観光情報リンク
多古町観光情報歴史探訪多古地区>妙印山妙光寺

歴史探訪/多古地区

妙印山妙光寺

妙印山妙光寺

「多古音頭にも歌われる町最大の寺院」

多古居射にある妙印山妙光寺は、400〜500の檀家を有する多古町最大の日蓮宗の寺院。弘安中期(1278〜87)に日蓮上人の高弟日朝が創建したと伝えられています。妙光寺は多古居射のほか島・唐竹にもありますが、いずれも日朝によるものと伝えられ、これらを下総三妙寺と称します。

妙印山妙光寺はもともとは染井原、小井戸の付近にあり、のちに居射に移ったといわれています。多古由来記には、寛永4年(1627)に江戸谷中(現:文京 区)の報恩寺の堂を移して寺堂としたそうで、現在の堂は享保14年(1729)の建立と記されています。

元禄4年(1691)には水戸光圀が参詣。宝暦4年(1754)になると葵の紋章を使う ことを許されました。山門前大題目塔は宝暦9年(1759)、大常夜燈は寛永2年(1849)の建立と、いずれも長い時間を経てきた貴重なものです。
昭和35年には大原内の妙見堂から、中世、多古地方を支配した千葉氏一族の守護神である妙見像が移されました。兜をいただき、甲冑をつけて刀印を結ぶ勇ましい武装形で、目を大きくこらした形相は力強さを感じさせます。

アクセス

所在地

千葉県香取郡多古町多古2550

自動車をご利用の方

電車・バスをご利用の方

電車・バス

高速バス


All Rights Reserved,Copyrights©2012.TAKO Town