多古町多古町トップへ戻る

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字サイズ
→ サイトマップ
多古町
多古町について暮らしのガイド各課の仕事観光情報リンク
多古町観光情報歴史探訪中地区>法性山浄妙寺

歴史探訪/中地区

北場の浄妙寺

法性山浄妙寺

浄妙寺(金剛力士像)「1200年の時を経た多古町最古の寺」

法性山浄妙寺は天平宝字年間(757〜764)の創建と伝えられる多古町最古の寺です。もとは律宗の寺院であったのが真言宗となり、貞和2年(1346)日祐によって日蓮宗に改宗され、釈迦仏を本尊とする日蓮宗寺院として現在にいたっています。
天正5年(1577)には多古城主牛尾胤沖の制礼があり、天正19年(1591)には徳川家康から寺領12石の寄進を受け、そののち歴代将軍から朱印状を賜りました。

山門に掲げられた扁額の「法性山」の文字は、寛保2年(1743)京都宝鏡寺の本覚院宮古稀の筆によるもの。また寺を守護する一対の金剛力士像(仁王尊)と仁王門は宝暦十二年(1762)の造建立で、当時の記録によれば仁王尊の身長は六尺三寸、制作代金は二十六両三分であったそうです。

アクセス

所在地

千葉県香取郡多古町北中2214

自動車をご利用の方

電車・バスをご利用の方

多古市街地まで

多古市街地から法性山浄妙寺へ

駅から直通


All Rights Reserved,Copyrights©2012.TAKO Town