多古町多古町トップへ戻る

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字サイズ
→ サイトマップ
多古町
多古町について暮らしのガイド各課の仕事観光情報リンク
多古町多古町について多古町総合計画情報 総合計画>土地利用構想
携帯電話用サイトについて

総合計画・都市計画

土地利用の基本方針

河川に沿った低地

稲作の基盤としてだけでなく、環境を維持していくためにも、水田と河川環境の保全活用に努めていきます。

丘稜地

生活と生産の場として、その環境の保全改善を進めるとともに、斜面の緑地を保全し、本町の美しい景観の維持に努めていきます。また、都市の活力を育成するため、豊かな自然環境と調和した新しいまちづくりに取り組んでいきます。

低地と丘稜地の結節部

多古地区を交流の場として位置づけ、既存中心市街地の歴史的な環境の保全と改善を進めるとともに、栗山川沿いで魅力ある交流拠点を育成していきます。

交流や活動の拠点

低地と丘陵部の結節部である多古地区を、既存市街地の歴史的環境の保全と環境改善、都市機能の強化、河川沿いの都市基盤整備や道の駅整備と連動した広域交 流機能や情報発信機能の育成を進めるとともに、丘陵の緑地環境と調和した住宅機能の育成を図り、中心拠点として育成していきます。
中心市街地以外の集落地は、農業環境と調和した良好な環境を持つ地区として、環境の保全と改善を進めていきます。また、生活圏域のまとまりに対応して、身 近な利便施設、高齢化に対応した福祉施設や集会所などの公共公益施設が集積する生活拠点を育成していきます。
首都圏中央連絡自動車道及びインターチェンジの整備にあわせて、広域交通の利便性をいかした流通機能、製造機能などの複合的な機能を有する拠点を育成していきます。
整備済の多古工業団地の操業環境の維持保全に加えて、南玉造地区において工業基盤の整備と工業機能の誘導を図り、産業拠点を育成強化していきます。
既存ゴルフ場に加えて、農業体験のできる施設の整備や歴史と自然をいかした交流ゾーンの育成により、町民と都市住民が交流できる拠点を整備していきます。また、水と緑や神社仏閣などをいかした公園整備を進め、町民の交流拠点を育成していきます。

交通の骨格

本町の道路整備は遅れており、加えて鉄道が無いなど、交通利便性は低い状況にあります。このような交通環境は、現在の広域的な流動と自動車交通を前提とし た生活・産業活動にとっては不都合ですが、そのため急激な人口増加や市街地の無秩序な拡大を免れ、歴史や自然豊かな集落環境が保たれてきました。
そこで、広域を結ぶ道路、都市の骨格となる道路を整備し、交通利便性と安全性の向上をい図っていくとともに、集落環境を悪化させない交通環境の整備を進めていきます。

土地利用構想図


All Rights Reserved,Copyrights©2012.TAKO Town