多古町多古町トップへ戻る

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字サイズ
→ サイトマップ
多古町
多古町について暮らしのガイド各課の仕事観光情報リンク
多古町観光情報>多古米

多古米

多古が誇る絶品

「おいしいお米は市場に出回らない。」という話しをよく聞きますが、みなさんは「多古米」をご存じですか?
多古町産の米は良質で、古くは江戸時代からその味の良さが評判となっています。

県内50町村のうち、2番目に広い72,80km² の面積を有する多古町では、石川県に次いで全国2番目(明治34〜43年)に田んぼの耕地整理が行われました。

また、多古米が作られる土壌もミネラル分が多い粘土質で、米作りには適地です。
この多古町の農業に対する熱意と、栗山川にはぐくまれた豊かな大地が融合して生み出されたのが多古米です。

昭和38年には天皇陛下の献上米に選ばれ、昭和46年には札幌で行われた「全国自主米品評会」において、食味日本一に輝きました。
近年では、平成2年に日本の米づくり100選に選ばれています。

おいしい多古米は、「おかずのいらない米」と評されています。
また、寿司米としても人気が高く「シャリなら多古米」とこだわるお寿司屋さんもたくさんいます。

さらなる食味向上をめざして

多古町農業協同組合では、さらなる食味向上をめざして平成9年に県内最大規模の「ライスセンター」を建設しました。
「ライスセンター」はお米の食味に関係してくる平衡含水率を最適な15%で自然乾燥させる施設です。

全ての玄米は均一に乾燥され、水分ムラがありません。さらに胴割れや、籾摺時の肌ズレのない、きれいな乾燥ができます。
この他にも、町内では米作りの研究グループがいくつかあります。その一つが「多古町やる気集団」内の「有機米部会」です。

多古町やる気集団では、「味彩米」と名付けた多古米コシヒカリを道の駅「あじさい館」で販売しています。

味彩米は、安全・安心な農産物を消費者にお届けするため、化学合成農薬と化学肥料を通常の半分以下に減らす「減農薬減化学肥料」がセールスポイントです。

平成17年度には千葉県が推進する「千葉エコ農産物」に認証されました。収穫後は食味を損なわないよう低温で乾燥しています。

平成25年9月より、プレゼント・お土産用としてキューブ米(2合)を販売しています。


All Rights Reserved,Copyrights©2012.TAKO Town